To the moon and back.

関西在住30代OL。日々のつれづれをぼちぼち綴ってます。内容は、お買い物ログ・婚活のやきもき・仕事のあれこれ・読書記録・雑記(ただの日記)多め。

ワクチンその後

f:id:rosecosmos:20210923210202j:plain

深夜1:00、目が覚めて熱を測ったら37.5℃!ついに来た副反応。用意していたロキソニンを飲んだら、1時間ごとに0.5℃ずつ下がっていくのが分かった。

久しぶりに熱を出すと、やっぱりしんどいね。いつもはさらに鼻炎だったり咳もあるから、熱だけだとだいぶましだなあと思ったけど。ロキソニンを飲んでこれなので、飲まなかったらもっと熱は上がったのかなあ。

翌日は…朝起きたら特に何もなかった。熱も下がっていたのだが、昼頃から謎の腰痛。副反応の一種か…。普段腰痛ってほとんど感じないので新鮮だった。

慣れているとはいえ、やはり一人暮らしで病人になるとつらいねぇ(今回は病気じゃないけど)。そんなことを思った。

 

以前いろいろと相談に乗ってもらった方に進捗報告を。やはりメールにしたためると、自分の考え方が明瞭になってよい。その効果をすごーく感じた。うん、いい感じだ。あとは行動あるのみ。

♪本日の一曲♪『残酷な天使のテーゼ

www.youtube.com

文化祭で盛り上がるシリーズ。これはアンコールとかでやりたいね…!カラオケに行くといつも歌われたランキング1位だよな…。練習から逃げちゃダメだ…。

ワクチン2回目

ワクチン2回目を接種。ぷしゅーとされて終わり。お医者さんに「1回目の副反応どうだった?」と聞かれ、「熱も出ず、何ともなかったです」と伝えると”熱なし”とカルテに書かれる(笑)。このブログを書いている今も何ともない…夜中に熱出る説?

帰り道にケンタッキーがあったので即購入。9月、ケンタッキーフライドチキンを食べた過ぎていつも脳裏によぎっていた(なぜ)。

f:id:rosecosmos:20210922133308j:plainf:id:rosecosmos:20210922133322j:plain

接種ご褒美ということで。ご褒美って言うほど何もしていない。

 

元気なうちにということでおやつを焼く。山本ゆりさんのりんごとクルミのケーキ。いい感じの焼き色になった!

f:id:rosecosmos:20210922133339j:plain

f:id:rosecosmos:20210922135345j:plain

お茶タイム。中に入っているりんごのコンポートが美味しい。あとはYouTubeを見たりしてごろごろして過ごす。今のところ腕の痛みだけ。何ともなけりゃいいなー。

 

♪本日の一曲♪『ウィーアー!

www.youtube.com

吹奏楽のことを知らない人に、こういう吹奏楽ポップスはぴったり。ぜひ文化祭などで演奏してほしいなと思う。絶対盛り上がるし、冒頭に「世はまさに大海賊時代!」ってナレーション入れてほしい(笑)。

ちなみにワンピースは、麦わらの一味が再集合したあたりから読んでいない。60巻くらいだったと思うから、追いつくにはあと40巻は読まないといけないのか…(笑)。もう誰が何か分からないや。

 

ターボ全開

f:id:rosecosmos:20210921221757j:plain

先日の晩ご飯。彩りよくできた。そうめんはもう少し冷ますべきだった(生ぬるかった)。


仕事上いろんな数値目標が課せられているのだが、そのうちのひとつについて、なななんとわたくし、下期(半年)の目標をわずか9月の21日でクリアしてしまいました…。全員半年かけて達成必須とする一律目標。上司には「ヤバい」同僚には「超人」と呼ばれてしまった。ふはははは。これで堂々と周りに圧をかけられるね(その数値目標のリーダーなのでw)。

 

♪本日の一曲♪『ミュージカル「エリザベート」より』

www.youtube.com

私がいつか見たいなと思っているミュージカル、「エリザベート」。実はオーケストラの演奏で聴いたことがあり、「なんじゃこのカッコいい曲は!?」と一人でざわめいていて調べたらこの「エリザベート」だった。カッコいいなー!宝塚版、東宝版などいろいろ公演されているんだねえ。私の友達、ご両親がエリザベートが好きすぎて洗濯物を干す時の音楽がエリザベートと決まっていたらしい。面白すぎやろ、と思った彼女の住まいはやはり宝塚なのであった。

彼氏のこと

f:id:rosecosmos:20210921000226j:plain

長らく婚活のことをブログに書いていなかったが、私には付き合って2か月ほど経った彼氏がいる。ほぼ誰にも言わずにここまできたのは、ダメだった時はまた落ち込むし、人への説明のために自分で再現ドラマをすることにほとほと疲れたからだった。人に話して発散できることもあるけど、婚活疲れが極まった時にリプレイするのはある意味自傷行為だった。

で、なぜ書こうと思ったかというと、やっと「もしかしたらこの人と将来があるかもしれない」と思えたからだ。

 

思えば前回デートした時も片鱗はあった。彼は自分の部屋の整理整頓の話の流れで、突如自身の源泉徴収票を見せてきたのだった(どんな流れだよ)。彼は「世知辛い、もっと給料を上げてほしいと思っている」と笑いながら言っていたけど、出会う前に私は彼の婚活サイト上のプロフィール(自己申告だが)を見ていたので、彼が私よりも年収が高いことは知っていた。なんで見せてきた…?と疑問に思いつつも、見せてもらえるものは見せてもらう。

考えられる理由は、①経済的な面で私を安心させるために見せてきた②単に一緒に給与面について同情してほしい③私にも年収を開示してほしいから先に見せてきた④マウント(←最悪w)。まあまあな個人情報だし何も考えずに見せることはないと思うので、多分①か③かなあと思ったけど、その場では聞けずにいた。その場で聞くのが一番良かったのに。

 

で、昨日。急にすっごい話を詰めてきた。彼の中で何かのリミッターが外れたのだろうか。彼から今まで結婚とかそういう類の話はあまりしてこなかったのに(私も付き合い始めは楽しむことが大事かなと思いあえて触れないでいた)。「俺は結婚したい、結婚願望は強い」「子どもは育ててみたい、絶対欲しいと思っている」という話をしてきたのだ。実は以前一度だけ、会話の流れで「晴ちゃんは将来子どもとか欲しいと思ってる?」と訊かれたのだが、私は即答で欲しいと言わなかったため、彼の中で懸念事項だったのだろう。私自身も思いを聴いて「君、そんなに子ども希望強かったんだ⁉」と逆にびっくりした。なんで欲しいと思うのか、どんな子育てをしてみたいのか、という話をしていたらそのまま広がり、”もし結婚したら””将来一緒に住むとしたら”という枕詞つきでいろんな話をしていた。私と彼は同じ電車の沿線に住んでいるのだが、「結婚して通勤するんだと〇〇沿線のどこかだったら間違いないよね~」と彼がさらりと言ってきた時、「一緒に住む話になってますやん」と思った。なんかマイホームの話まで出た。あれ、いつの間に???

とまあ、多分2時間近く喋り倒して、私からも転勤の話などを聴けたのですごく満足していたのだが、翌日ブランチを食べた後に「じゃ、住む物件でも探してみる?(笑)」と言われてさらに内心驚いた。昨日の話本気やったんや⁉と。結局2時間ほどSUUMOで物件を探した。私は探すとなったらリアルな条件で探そうや、と紙と鉛筆を引っ張り出して、お互いの勤務条件を可視化、図表にして(そういうところ、マジで私らしさ出てるな)見せた。乗換検索で所要時間を検索しながら”〇〇駅の場合”とつくったパターンがお互いにフェアで条件も良さそうで、家事分担もできそうだよねと候補物件もすんなり決まってしまった。家事分担も日程までつくれてしまった。私のSUUMOには5件ほどお気に入り物件が登録されている。5件っていうところが妙にリアル。

SUUMOの話、私は遊び感覚かなと思っていたけれど、相手は割とリアルに考えていたようで「他、擦り合わせる条件とかあるっけ?あとでクリティカルなこと分かったら色々大変じゃん」と述べていた。それは完全同意なので、以前ネットで目にしていた結婚前擦り合わせチェックリストをPC上に出して、全部の質問に答えていった。トータルで3時間位やっていたと思う。使ったのはこちら。

futari-kaigi.com

toracon.jp

togetter.com

そう、まさかの3つ全部やるというwでもやってみてすごく良かった。予想以上にお互いの価値観が似通っていて、彼も同じように思ったらしく「ライフスタイルの価値観、大体一緒だよね」と感想を述べていた。質問に自動的に答えていくという流れだと、気になるけど聞くのはちょっと怖い、という場面でも自然に質問が出来る。私の中で今一番クリティカルだった夫婦別姓については意見が割れたけど、へぇ~彼はそう考えているんだ、という気付きにはなったし、彼も私の考え方針を理解してきたのだと思う。ひとつ引っかかったようだと私の顔色がわずかに変わるようで、「今何か引っかかった?」と聞いてくるようになったのだ(ご名答)。

あと、彼が「重要だね」と言っていたのはお小遣い制にするか共同口座をつくるかという質問。「晴ちゃんはどう思う?」と先に訊かれ、私は共同口座派だったのでその旨を伝えた後「っていうか、〇〇くんはお小遣い制になったら絶対嫌と思うけど?」と尋ねると「絶対嫌です」と答えていて笑った。そりゃあ君の支出状況を見ているとそうだろうよ。

回し者じゃないけど、このツールはすごく使えると思う。見えることはたくさんあって、

・こういう家庭運営の話し合いをそもそもできるか(話せる雰囲気があるか)

・お互いどの質問が重要と考えるのか

・どの質問で意見が割れたか

・お互いの家庭環境、育ち方、キャリアビジョン

を可視化できる。あと引っかかった単語については私は必ず質問するようにした。

今回、このツールで3時間位話をしていた訳だけど、飽きることなく最後まで答えてくれた彼はとても信頼が置けるなと思った。まあ、あとあと問題が浮上するよりは今発覚した方がいいと思ったのだろうか。多分彼はそういう人間である。

あとツイッターで見て深く頷いたけど、「どこに住みたいか」はかなり意見が割れる、というか自分の本音が出る質問だ。「〇〇らへんに住みたいよね」という話は出ても、実際通勤してそこから通いたいですか?となると話は別、となったり隠れた条件が出てきたりするんだなーと思った(彼も私も)。

…で、ツールを3つやり終えた後、「色々話したね。ただ唯一、いつ結婚するかだけが決まってないと思うんですけどー?」と冗談で投げかけてみたら、「グイグイくるなあ」と彼は笑っていた(いや、グイグイ来たのは君やろがい)。とりあえず「年末年始もあるしなあ。イベントもたくさんあるしなあ」とネタを投げておいたのだった。w

 

まあそんな感じで、楽しくやっている。で、さらに昨晩は忘れられない出来事ができた。私が熱中症の脱水症状で倒れかけたとき、めちゃくちゃ助けてくれたのである。

自分でも不覚だったのだが、前が見えなくなって水をがぶ飲みしてベッドに倒れた時、彼はヤバいと思ったらしく、それからの行動は素早かった。とりあえず私に横になれと言い、風呂上がりにも関わらず濡れた髪のまま「コンビニ行ってくるわ」とダッシュで出かけ、水分を買いに行ってくれた。大量のペットボトルとかちわり氷を渡され、この順に飲んで(糖分水分の接種順があるらしい…)・残りのペットボトルは太い血管があるところを冷やして、とてきぱき指示してくれて(君そんな才能あったんかいな…)と静かにときめいた。めちゃしんどかったが。私も風呂上がりだったため髪はびしょびしょだったが、彼はドライヤーで髪も乾かしてくれ、お茶を次いでくれ、おぇ~っと横たわる私の背中をとんとんと叩いてくれた。ママみ…。ほんとごめんマジごめんと繰り返す私に、彼は過去の失敗談をいろいろ話してくれて気を紛らわせてくれた。「ありがとう~どうしてあなたはそんなに優しいんや」と思わず言うと、「いや、晴ちゃんがしんどいのに俺が優しくなかったらヤバいでしょ」と何言ってんの?と笑った彼を見て、「ああいい人を選んだわ…」とちょっと泣きたくなった。私がしんどい時に放置する人もいたな~ほんとクズとはお別れして良かったという気持ちになった。

彼は普段あまり感情が表情に出ないし、超合理的な性格なので「どう考えてるんやろ?」と思うこともある。でも昨日今日で、単純にちゃんと聞けばいいんやなと改めて思ったし、私がしんどい時、つまり相手にとって何もメリットが無いときにも私を助けてくれる人は大事にしないといけないなとも思った夜だった。そういうのをひっくるめて、すごく楽しかった。

という訳で、上手くいけばいいなと願いつつ、このブログをしたためた。