To the moon and back.

関西在住30代OL。日々のつれづれをぼちぼち綴ってます。内容は、お買い物ログ・婚活のやきもき・仕事のあれこれ・読書記録・雑記(ただの日記)多め。

無駄な罪悪感を捨てる

◆チケット戦争

4月12日24時00分。私は、PCとスマホを同時に開いて待機していた。理由は『名探偵コナン 緋色の弾丸』の座席予約が始まるから。

例年公開初日に観に行っており、仕事帰りに行くこともあれば休みでド昼間から余韻に浸ることもある。だが今回はコロナの影響でネット予約→座席が余れば当日販売という流れだったので、こりゃいかんとムビチケを手にリロードリロード。

満を持してページを空けたら、スケジュールが公開された。ふむ、初回は…7:30開始。…7:30⁉⁉(ありがとう褒めてます)。さすが国民的アニメ年1回の祭典、気合の入れ方が違うぜ…と言いつつ、多分起きられないのでぐうたらな私は午前中の回を狙うことにした。初日、30回近く上映されていて笑ってしまった。こんな数字見たことないよ⁉映画館のほとんどスクリーン、コナン仕様になってるな…確実に…。
10時台をぽちり。案の定サーバーが落ちかけていた。”待機人数655人”…すげー。待機人数は映画館ごとらしいので、私と同じ劇場を観に行く人が今655人もアクセスしてるんだ。多分、今アクセスしているのはガチ勢のみ。感無量の気持ちになりながら、早く早くとページ遷移を待つ。

無事に開けた。座席はほとんど空いていた。これだけ回数やってたら人も分散するよなあ。堂々と後ろの真ん中の席を勝ち取り、予約。多分初日(金曜日です)の昼間に来る人は絶対ガチ勢だよな。みんな。仲間だ。

私は好きな映画を見る際、そのスクリーンの座席がどんどん埋まっていくのを見るのが好き。リアルタイムで更新されるから、自分が観に行く回がどうなるのか、両隣が埋まるのかを時々チェックしてみる。コナンは大抵公開初週は満席完売御礼なので、ギッチギチに人が座っている。今までだと、その満席の雰囲気で座るのが好きで、あえて午後を狙ったりしていた。映画館に入る前、「満席」と赤字でクレジットされている電光掲示板を見てにんまりし、入場するのだ。全員初めて見る人たちが集まる興奮の渦の中、満席で上映開始される瞬間はたまらない。これは初日か、翌日翌々日の土日でしか味わえない。

今年はその興奮はお預けだし、ネタバレ回避のために午前の回を見ることにしたけど、ついに公開開始―!という感じ。公開延期が発表されてから、1年。変に夏や秋に公開するより良かったと思うし、英断だったと感じる。やっぱり4月に公開されるのがコナンだよねえ。1年の延期、寂しかったけど何だかんだであっという間だった気がする。楽しみすぎる~~!!!2021年は、赤井さんイヤーだから。赤井の女を体現するべく黒のライダースを買おうかと思っていたけど、時期が過ぎてしまって店頭で見なくなってしまったので(笑)、せめて赤のスカートを履いていこうと思う。はああ楽しみ。

 

情熱大陸

山本ゆりさんの情熱大陸を見た。ブログでのお人柄の通りで、動画で見るとさらに感動があったような…素敵な回でした。お料理美味しそうで、レシピを何度も試作されている様子にこだわりを感じた。お子さんもみんな可愛い!ただ、ちょっともやっとする描かれ方をしていた箇所があり、エゴサすると案の定プチ炎上していた…。

ご本人もそのことにお気づきだったようで、翌日ブログにて長文の説明があった。いや、良い人すぎるだろう…そしてリスクマネジメントが完璧(記載の仕方、記載の順序等々。誰も傷つけないような形)で、すごく頭の良い人なんだろうなと思った。ドキュメンタリーの編集の都合上切り取られるのは仕方がないとしても、ちょっと時代錯誤に見えてしまうよな、というのが私も含む視聴者の意見だったから。ディレクターさんも視聴者の反応に自覚的なら良かったし、マスコミは感性をアップデートしてほしいなと切に願う。山本ゆりさんもブログで「お母さん」の切り取られ方よりも仕事にフォーカスしてほしかった、と述べられていたけれど、本当にそうだよね…。もういい加減、その紋切り型は古いと気づいてほしい。とりあえずこれからもレシピ本買い続けます!

見逃し配信、まだ見れます↓

tver.jp

 

◆2年ぶりのコメダf:id:rosecosmos:20210413194140j:plain

家にいて、やることも全部終わって、ぼーっとしていた。ぼーっとするのは素晴らしいことだが、家にいてもすることが無い。うずうず。せや、コメダ行こう。どうしても場所を変えたくて、家から一番近いコメダを訪れた。

思えば、最後に訪れたのは2019年だから2年ぶりだ。当時付き合っていた元彼と行ったのが最後な気が…(笑)。当時と変わらず、ゆったりとしたソファ席に、オープニング時から変わらない気持ちのいい接客。変わって無かったんだなあ。

コメダといえばシロノワール。そういえば、昇進試験の勉強もここでして、パソコンとにらめっこしていたっけ。デザートセットを頼み、読書。自宅でもコーヒーは飲めるし、実質無料だけど、やっぱり外で飲むコーヒーの味は格別。”場所をずらす”ということがこんなに絶大な効果があるとは。持って行った本を3冊読破した。普通に考えてコーヒー一杯高いけど(家で飲むと何十円だし…)、自分の気分を上げたい時は許す。行くことでテンションが上がるんだったらオッケー。そう言い聞かせた。一人時間を満喫しているのだ、無駄な罪悪感を持つのはやめた。とても楽しかった。

 

てな訳で、今日読んだ本たち。(家でも読んだ)

★本日の一冊★『美しいものを見に行くツアーひとり参加』益田ミリ(2017)幻冬舎

以前『47都道府県女ひとりで行ってみよう』を読んで、この作家さん好きかも…と思いながら手に取った2冊目。こちらも良かった。飾らず、自然体で、感想を淡々と書いていく旅行記。ひとりで行く良さがどうのこうのとか、胡散臭い説教も無く、ただひたすらに純粋に旅を楽しむ作者の情景が思い浮かぶ。オーロラやクリスマスマーケット、私も行きたいなあ。今海外で一番行きたいのは、スペインとフランスのパリ。どっちかには生涯行きたいな。

 

『響け、希望の音~東北ユースオーケストラからつながる未来』田中宏和(2020)フレーベル館

 新聞でちょこちょこ記事になっていた、被災地の子どもたちで結成された東北ユースオーケストラ。坂本龍一さんが監督ということで、その活動が気になっていた。本書はその立ち上げから現在の活動までを追う。

エピソードひとつひとつは”ふつう”なのだけど、それが良い。子どもたちが音楽や演奏活動を通じてたくましく成長していく様子に思わず落涙。生きている、それだけで良いんだよなという気持ちにさせられた。目の前の人と向き合い、心を通い合わせるということを、大人になると随分忘れがちになっている…と思う。

 

フェミニズムの時代を生きて』西川祐子・上野千鶴子・萩野美穂(2011)岩波書店

気軽な気持ちで借りたが、読了まで2時間近くかかった。普通の新書だと30分なれば読めるので(私は人より文章を読むスピードが速い)、久々に手ごたえのある本だった。年をまたいだ鼎談を収録した本。また「おひとりさまの老後」を読み直したいな。

 

『お客様に好かれる正しい日本語・敬語の使い方』井上明美(2019)株式会社近代セールス社
お客様に好かれる正しい日本語・敬語の使い方

お客様に好かれる正しい日本語・敬語の使い方

  • 作者:井上 明美
  • 発売日: 2019/10/09
  • メディア: 単行本
 

言葉使いを見直そうと思い借りてきた本。内容は…平易だったかな。それくらいは分かるわ~…ということが多かったので。初歩の初歩という感じかな。

 

『おひとりさまvs.ひとりの哲学』山折哲雄上野千鶴子(2018)朝日新書
おひとりさまvs.ひとりの哲学 (朝日新書)

おひとりさまvs.ひとりの哲学 (朝日新書)

 

本書、ずーっと二人でケンカしている(笑)。それが面白い。”ひとり”の意味について、実践と思想の両面から探る。

 

♪本日の一曲♪『スター・パズル・マーチ』小長谷宗一

www.youtube.com

1990年代と昔の課題曲だが、いまだに演奏会で演奏されているのをよく見る。親しみやすくて明るいマーチだからだろう。きらきら星など、星にまつわる様々な楽曲がアレンジに取り入れられているのも楽しい。パーカッション各位がきらきらしていて可愛い…。シロフォンいいなあ。コンサートのファンファーレにも良さそう。

「なんとなく」をやめる

f:id:rosecosmos:20210412222509j:plain

先週訪れた花の楽園。スマホのアルバムが眩しく見える。

 

今までものすごくこだわりがあることと言えば、例えば自分の進路など思考に対することばかりで、モノに対しては比較的こだわりが無かった気がする。でもここ1年ほどで、モノに対してもこだわりがめちゃくちゃ強くなった。ときめく=即買い、になりがちだけど(笑)。逆に全くときめかない時は「うーん…」という顔をしてウインドウショッピングしている。

「とりあえず」「なんとなく」で買うのをやめる。これはとても良い傾向だと思っていて、何をするにも瞬時に自分の直感を信じられるというのは、自分の強さにつながると思うから。この意思決定力は強くなったり弱くなったりするから、自分を労われるときにしっかり養うことが必要だ。

 

さて、その”ときめき”で3月に予約していたStudio CLIP×高山都さんコラボのワンピースがついにわが家へ届いた。

www.dot-st.com

高山都さんのインスタで告知があった瞬間、「これ買いやな」とリストに追加。ずーっとロイヤルブルーに近い色味のワンピースが欲しかったの!!!今まで着たことがない色にチャレンジしたくて、ブルーのワンピースを探していた。しかもこれ、お値段も6,600円と財布に優しい…。

完売必須だろうなと思ったので、はじめて洋服の予約をしてみた。サイズ合わなかったらなーとか、店頭で試着した方がいいよなー、と思いつつポチったら、案の定数日で予約受付完売。今は追加予約受付中らしく6月に配送予定とのことなので、ポチって良かった。

到着して早速腕を通す。サイズ感も絶妙、こういうロング丈のが欲しかったんだー!!!ウエストも絞れるので懸念していたAラインワンピース太って見える問題も無さそう。骨ストにありがたいVネック。何より、心配していた色味がバッチリだった!ネットだと濃いブルーに見えるけど、実物はもう少し薄いんじゃないかなあ…と心配していたのだ。水色ワンピは持っているので、濃いブルー希望でした。

テンションが上がって、早速着て出かける。まだアウターを羽織っている人もいる中で、ワンピース1枚で街に出た私は季節先取り感がすごかったけど(笑)、これでいいのだ。たくさん着倒して、夏を迎えよう。腕まくりしたら夏でも使えそうだな…。


♪本日の一曲♪『「ラピュタ」~キャッスル・イン・ザ・スカイ~』久石譲

www.youtube.com

定期演奏会のシーズンになると選曲を行うが、部内でディズニー派vsジブリ派で対立するのが常だった。時にはどちらも採用されて、ディズニー楽曲を演奏した後にジブリを演奏することも(笑)。「どっちに票入れる⁉」という会話も楽しいものだった。

ジブリも何曲か演奏して思い入れが強いけれども…もし次にやってみよ、と言われたらこちらを挙げたい。『天空の城ラピュタ』。キャッスルインザスカイという曲名が何だかお洒落だ。パズーがトランペットを吹いている様子が目に浮かぶ。ジブリヒロインではシータが一番好き。

ジブリ系はパーカッションも美味しい所をたくさん持っていけるのでよい。また、編曲もたくさん出ているので好みの譜面を選べるのもいいよね。「竜の巣」の部分がめちゃくちゃカッコよくて好きです。あと、ラストも。「君をのせて」なのでしっとりと終わるかと思いきや、ちゃんと盛り上がってくれる。ティンパニやりたーい。

記録しないと忘れちゃうから

f:id:rosecosmos:20210411211940j:plain

母からもらったべにひめだよ。いちご、一番大好きな食べ物かも。いちごが目の前にある時の高揚感といったら、他のフルーツとは違うのだよ。

 

 

私のiPhoneメモには、ウィッシュリストというタイトルの覚書があり、月ごとにやりたいことをすべてリストアップしてある。TODOリストではなくWishリストにしているのが秘かなこだわり。普段達成してしまえば見返すことはほぼ無いのだが、いつかちゃんと数字にして見比べてみたいと思っていた。いつかやろうは今やろうだぁ!ということで、地道に数えてみた。

 

★2018年★

34個。

そもそもはじめたきっかけが、クソ男と別れた時に(過去ブログ参照。笑)自分が楽しいことをしたい!!!!!と思って、記録しようとしたもの。だからその季節からメモがスタートしている。思い返すと結構長く続いてるな…。

 

★2019年★

77個。

思ったより少なかった。秋ごろまではあまり意識的に更新していなかったのが見てとれた。読み返すと、その時期に何にはまっていたか、何にこだわっていたかが手に取るようにわかるなあ…。日記より日記らしいかもしれない。これはこれで面白い。

 

★2020年★

ひたすら羅列にするのも好きだったのだが、2020年からは月ごとに分けて可視化した。

1月 12個

2月 13個

3月 8個

4月 42個

5月 62個

6月 81個

7月 66個

8月 48個

9月 93個

10月 50個

11月 55個

12月 90個

急に増えてるやん、というのが4月以降。そうです、コロナ。自宅待機で心が死にそうになっていたので、何とかして心の潤いを書き留めようと必死だった。ちなみにつくりたいレシピを実際につくることも私のウィッシュリストに入っていて、山本ゆりさんのレシピをつくり始めた8月からはすごく達成個数が多い。多いのはそれが理由。つくったらレシピ横にシールを貼ることにしたのが、今のささやかな楽しみ。

 

★2021年★

1月 61個

2月 48個

3月 96個

現在こんな感じ。3月めっちゃ頑張った。頑張った、というより自分に貪欲になったのかな。あと、やりたいことを叶えるのはやっぱりお金が必要になる…(笑)。お金が全てではないけど、あるよりあった方がいいのは間違いない。有意義なお金の使い方をしていきたいところだ。

 

具体的に達成したことをちゃんと残すために、このリストもだし写真にも残すようにしている。そうだ、親友とつくった「達成したことリスト」のグループラインも投稿したいな…。可視化し、フィードバックのある場にあえて晒すことで見える感情もある。ブログだってそうだね。私は中々の記録厨かもしれない。

感情は記録しないと忘れてしまう。積極的にスマホで写真を撮っているのもそのため。忘れて風化してしまうよりも、ふとした時に取り出せるアルバムがあると、心の整理になる。捨てることはいつだってできるけど、大抵は捨てない。デジタルデバイスだけでなく、リアルのアルバムも結構つくっている方だと思うのだが、こちらも感情や思い出を記録させるのに便利だ。

その時、何に心を揺さぶられて、何が好きで嫌いだったのか。その理由は何だったのか。どんな人と一緒に居て楽しいと思えたのか。その積み重ねを時に振り返ることが、自分の自信に繋がり、自己肯定感に繋がると思えるのだ。

 

♪本日の一曲♪『ミュージカル「ミス・サイゴン」より』C.M.シェーンベルク

↓穴倉晃編ver. はじめて聴いたのはこっち。

www.youtube.com

↓デ・メイ編ver. 大人になってからこちらの編曲の方が好きになった。

www.youtube.com

「いつかやってみたい曲」NO.1の『ミス・サイゴン』のメドレー。というか、ミス・サイゴンは「いつか人生で絶対観に行きたいミュージカル」NO.1でもある。どうしてそこまで思い入れがあるかというと、こちらもかつて笑コラの吹奏楽の旅で、青森山田高校が自由曲で演奏するエピソードが強烈に印象に残っているためだ(私の人生、結構笑コラに影響されている気が…だって多感な時期だし)。ミス・サイゴン、ストーリーから分かるようにベトナム戦争を舞台にしているので、私が好きなハッピーエンド大団円ではないことは予想できるし、”悲劇”と書かれたあらすじを読むだけで「絶対号泣するやつ」と確信しているのだが、観たい。たまに関西だと梅田芸術劇場でやっているのだが、やっている時になぜか行かない(行けよ)ので…次に関西でやってくれる時は絶対行くよ…。チケットも入手困難っぽいけど…。特に有名なヘリコプター登場シーンを人生で一度でいいから見てみたい。舞台にヘリコプター出てくるってすごいなーーー。

吹奏楽では、そのヘリコプター音をパーカッションが担当する。ちゃんと音楽で、表現するのだ。それもすごいなあと思っていつも聴く。魂を込めたら、ちゃんと情景が目に浮かぶのだ。それが、パーカッションの大好きな所。メロディラインは鍵盤楽器シロフォンとか)じゃないとできないけれど、原始的な”音”だけで表現する奥深さがにくい。

 

ところで。

完全に趣味で始めたこの『本日の一曲』コーナー、書くのがとても楽しい。何なら本日の一冊より書くのが楽しいよ(笑)。

書いて良かったと思ったのは、「私ってこんなに好きな事(今回なら吹奏楽)を熱く語れるんだな」と気づけたから。正直、経験者じゃなければ楽器がどうとかこのメロディがどうとかって全然分からないと思う。地味に1か月ほど書き続けて、ネタが尽きないのは我ながら凄い。っていうか、どんだけストックあるねん。そりゃあそうか、毎年吹奏楽コンクールの課題曲は4~5曲発表されるし、そのいずれも聴いている年もあるもんなあ…。新しい曲を発見するのも楽しいし、かつて演奏した曲や聴いていた曲を聴きなおすのもとても楽しい。私の人生、吹奏楽にずいぶん救われてきたので…。中学も高校もね。

絶対にいいことが起こるよ

f:id:rosecosmos:20210410223805j:plain

絶対にいいことが起こる。いいことが沢山起こる気がする!

…という、スピリチュアルな(?)気持ちに今日は襲われた。なーんだろな。焦らず騒がず、目の前のことに向き合って、頼るべき人に頼り、じっと待っているからだろうか。

これを読んでいる人にも、絶対いいことが起こるよ、きっと。(急にチェーンメールみたいな文章)

★本日の一冊★『かわいいお取り寄せ―甘いお菓子を、お茶の時間や贈り物に』甲斐みのり(2011)主婦の友社

またまた甲斐みのりさんの本です。紹介されているお菓子を全部食べられているって、単純にすごいなあ。そして実は家から行ける距離のお店もいくつかあった。和菓子、知れば知るほど沼だな…。洋菓子派だったはずが…。

 

♪本日の一曲♪『ジャパニーズ・グラフィティXV  アニメヒロイン・メドレー』星出尚志編

www.youtube.com

歓喜メドレー。 まず出だしの各楽曲まとめ(セーラームーンから!)が良いでしょ。で、魔法使いサリーの最初のタム、カッコいい。トランペットソロもおしゃれ~。「まほーつかい、サリー♪♪」次にひみつのアッコちゃん。ほのぼの。みんなが知ってる楽曲ってアツイな。そして、アッコちゃんからセーラームーンムーンライト伝説への切り替えがまたカッコいいのだ!チャイムが効果的に使われていて、パーカッションだった私はとても嬉しい。ティンパニがめっちゃ楽しそう。マリンバも渋くて良い仕事してる。そしてセーラームーンからのプリキュア!!!ハイテンポのスネアドラムが気持ちいい。テナーサックスのソロが甘美。トランペットの高音最高。ホルンの裏メロが気持ちい…(裏メロに萌える女なので…)

ジャパグラはやっぱり楽しいよねー!!!

のんのんのんびり

f:id:rosecosmos:20210409201918j:plain

今日は母とのんびり過ごす。ランチし、買い物して、カフェでお茶して帰った。母と取り分けるように店員さんが付けてくれたフォークがすごい刃物に見える(刃物やけど)。ハーブスのミルクレープは最高ですな。目の前で売り切れてしまって「ミルクレープもう無くなりましたか」と悲痛な面持ちで尋ね、店員さんに「そうなんです…!」と申し訳なさそうに言われた5分後、新しくお出ましになったミルクレープにツッコミたくなったわ。いや、ストックあるんかい(そりゃあるだろう、午後4時だしな。by私)

母とはなかなかお互いに普段話す機会がないので、とても良かったと思う。両親、明日が結婚記念日だと。「え~そうだったっけ」と言いつつ(ごめん)、もう30年以上一緒だという二人を思った。いつまでも元気で長生きしてほしい。

 

★本日の一冊★『おしゃべりな人見知り』山本ゆり(2021)扶桑社

”おしゃみしり”(著者山本ゆりさんがそう略していた、かわいい)、やっと読めた。私、この方のブログやレシピをいつも紹介しているけど、すごく美味しいしユーモアたっぷりで、読んでいて飽きないんだよなあ。本書も著者の温かさがじんわりと伝わってくる本だった。サイン本なのでなお嬉しい。いつもブログのコメント欄を”無人の野菜売場みたいな感じで”と書かれているのが微笑ましいのだが、本当にコメント欄が平和。なんちゅうか、炎上しがちなインターネットの中で(?)の民度が相当高い。それは読者のモラルの高さもあるけど、ご本人の人柄もあるんだろうなあ。出演されているキッコーマンのCMも可愛い。

そして、11日には情熱大陸にも出演されるとのこと!楽しみー!明後日だ。普段テレビを見ない私だけど、楽しみに待っていよう。

 

 『花のズボラ飯久住昌之水沢悦子(2011)秋田書店
花のズボラ飯 1

花のズボラ飯 1

 

図書館で見つけて借りてきた漫画。食欲をそそられるねえ。ストーリーは普通だったかなあ。

 

 『セクシィ・ギャルの大研究 女の読み方 読まれ方 読ませ方』上野千鶴子(2009)

本書自体は1982年に刊行されたもの。裏表紙にキケンで快感一杯の”処女喪失作”とあるように、ドキドキしながら読む。10年越しの積読だった。ちょうど家に来ていた母が「上野先生だ」と言って反応していた。記号論、当時は新しい試みだったようだが、今ではよく見る手法だよね。いわゆる”お色気広告”を軽妙な筆致で描き出す様子が痛快。

 

♪本日の一曲♪『高度な技術への指標』河辺浩一

初めて聴いた高校生時、ぶったまげた。「これほんとに課題曲としてやったんすか…???」と。

一読ならぬ一聴して頂くと分かるが、はちゃめちゃに難しい…そんなパッセージ吹けるかーい!と思うけれど、強豪校はさらりと演奏してしまうから恐ろしい。中間部、「あれ、ゆったりだしスウィング…さっきのはまぼろしだったかな?」と幻聴を抱くのは束の間(だって課題曲だし演奏時間は短いもんね)、最後に元のペースに戻って盛りあがる。超絶技巧っぷりが有名な曲だが、単純に聴いてて楽しい曲でもあるな。忘れがちになるが(笑)。

美意識

『だから私はメイクする2』を買いました。 f:id:rosecosmos:20210408232205j:plain

よきよき。でも『1』の方が琴線に響いたかなあ…。読み直すと新しい発見があるかな。セリフの一つ一つを反芻したい。それにしてもシバタヒカリ先生の漫画は本当に美麗。自分の好き!に忠実でありたいものだ。モノも、コトも、ヒトも。

 

♪本日の一曲♪『ベリーを摘んだらダンスにしよう』間宮芳生

www.youtube.com

課題曲っぽくない課題曲。タイトルからして可愛い。そして課題曲には珍しく、木管メインの曲なような(大抵課題曲はマーチになることが多く、マーチと言えば金管楽器になるからだ)。繊細な音色だなあ。この曲ではクラリネットが好き。

懲りずに、桜

また桜の発作が起こり(桜の発作て何やねん)、ここ数年で行ってみたかった隠れた名所へ午前中を狙って観に行くことにした。乗り継ぎのバスに乗り損ね、1時間遅く到着したけどそれもご愛敬。f:id:rosecosmos:20210407125821j:plain

枝垂桜がメイン!

f:id:rosecosmos:20210407125153j:plain

なかなか壮観である。

f:id:rosecosmos:20210407125513j:plain

黄色の花は、山吹。赤の花は不明。3色そろって綺麗だね。f:id:rosecosmos:20210407125551j:plain

山吹って、初めてちゃんと見たかもしれない。インパクトのあるイエローがとても美しかった。ポケモンカントー地方の「ヤマブキシティ」ってこの色なんだね(そこ?)。

f:id:rosecosmos:20210407125632j:plain

何度見ても桜はいいもんです。

f:id:rosecosmos:20210407125744j:plain

また椿との共演を見つけた。

 

この世の天国のような(桃も咲いていた。まさに桃源郷)花見を終えて、うきうきしながらスーパーへ寄り、晩御飯の材料を買う。自宅に立ち寄って、図書館へ。「『コンビニ人間』が返されてないですよ」と図書館のスタッフの方に言われ、10冊中1冊持って来忘れていたようで「なんで?」と思い家に帰ると、ちゃんと1冊だけ指定位置に残っていた。一緒にまとめて置いておいたのに、いやどんな忘れ方w。

図書館の帰りには本屋さんとカフェへ。本屋さんではチェックしたかった雑誌を立ち読みしつつ、Oggiを久々に買った。

Oggi (オッジ) 2021年 5月号 [雑誌]

Oggi (オッジ) 2021年 5月号 [雑誌]

  • 発売日: 2021/03/27
  • メディア: Kindle
 

ここ数か月はCLASSY派だった私だけど、今月号がデニム特集と聞いて、デニムを好まない私はあっさりと雑誌を乗り換えることにした。…と思ったら、来月はOggiがデニム特集だったわ。(笑) 最近のOggiは専属モデルの滝沢カレンちゃんがいいよね。Seventeenの頃から見ていたけど、その時は今のバラエティの大活躍の様子とはちょっと違って、クール系だったような。Oggiで”天衣無縫”と称されていたけど、その通りだよな。インスタもめっちゃ面白いし、天才&天然だ。

カフェは、昨年末に行ったきりでそろそろ立ち寄りたい…!と思い、再訪。私が高校生の時からあり続けてくれているカフェで、街のど真ん中にある割にはやたらと席数が多く、自動的ソーシャルディスタンス。高校時代は親友とお喋りに興じ、浪人時代は数学のチャート式を開き、大学時代は就活のエントリーシートを書き、社会人になり一人暮らししてからはホッとするためだけに(?)訪れるようになった。席数の割に客が少ないのでいつか潰れるんじゃないかと勝手に心配していたけど(失礼)、何とか持ちこたえてくれているようだ。このカフェは、長居できるのが一番の良さだ。

とまあそんなこんなで、すごく平和な一日だったな。買い物はしたけど…(笑)。最近ATMでお金をおろしていないので貯金できているような気になっていたが、クレカ多用&電子マネーでしょっちゅうチャージしているので意味なかったね…。ポイント貯めよ、ポイント。

 

♪本日の一曲♪『ドレミの歌』リチャード・ロジャース(星出尚志編)

www.youtube.com

平和な気分になったので、平和な曲を。いや、『サウンド・オブ・ミュージック』は時代背景は平和ではありませんが(笑)、いつ見ても楽しく笑えて楽曲が素晴らしいと思える素敵なミュージカル。 ニューサウンズでは『サウンドオブミュージック』(メドレー)もありますが、私はこの単曲『ドレミの歌』の方が好みだわ。コンサートのファンファーレ、もしくはアンコールにも良さそう。みんなが口ずさめる曲っていいよね。